GWの富士五湖で150人がHobieを体験

富士山北麓の西湖でレンタル
従来のカヌーやカヤック、ヨット、モーターボートとはひと味違う、新しいミズアソビを日本中に広げたいと4月に本格始動したばかりのホビー(HOBIE)プロジェクト。
2022年のゴールデンウイークには、ホビープロジェクトを推進するエンターテイメント企業「アミューズ」の本社がある山梨県、富士五湖のひとつ西湖のキャンプ場にある「ホビーベース」で、キャンパーや関係者を対象にホビー製品のレンタルを行いました。

山梨県の西湖の湖畔にあるHOBIE BASE。気持ちのいいウッドデッキが好評でした

 

まったく濡れないで楽しめる浮き桟橋を設置しました

 

数あるホビー製品の中で、今回レンタルされたのは、日本に4月に初上陸した4人乗りの大型ボード「フィエスタ」と立ち漕ぎSUP「エクリプス」、2人乗りカヤック「コンパスデュオ」の3種類をメインに、デモンストレーションとしてヨットの常識をくつがえした足漕ぎ併用セールボート「タンデムアイランド」も湖面を走りました。

さわやかな好天の下、「フィエスタ」でのんびり大自然を満喫

 

青木ヶ原樹海の湖岸は、富士山の過去の噴火の溶岩がダイナミックな光景を作り出し、アドベンチャー気分

 

順番待ちの大盛況
ゴールデンウイーク中の平日を除く延べ8日間で、152人がホビー製品を体験、ピークとなった5月4日には順番待ちや翌日への繰り越しがでる大盛況でした。エクリプス2艇を借りたカップルや4人家族、中にはおじいちゃんと孫という組み合わせもあり、抜群の安定感を持つホビーならではの楽しみを、みなさん満喫されたようでした。

子どもでも5分のレクチャーで簡単に乗れる立ち漕ぎSUP「エクリプス」

 

誰でも「セーリング」できる「タンデムアイランド」は、今回はガイド付きでレンタル。小学生に大人気でした

 

幼児でも楽しめるのはホビーならでは

 

今後も土日祝日はオープン
この西湖のホビーベースは、今後も土日祝日にレンタル営業を続ける予定になっており、夏休みシーズンには平日のオープンも予定しています。詳しくはまたこの「MAGAZINE」や公式Instagramでお知らせします。ご興味のある方はお問い合わせフォームからご連絡ください。(JN)

Hobie Life Magazineを請求する
0
    0
    ご注文内容
    カート内に商品がありません。ショップへ戻る